青森県の広報誌で薬学部の取り組み紹介

青森県エネルギー広報誌『原子力だよりAE』 vol.152 の特集「青森県量子科学センター」において、青森大学薬学部の取り組みが紹介されました。

これは、素材の分析に青森県量子科学センターの PIXE 分析装置を使い、分析結果を参考にした「ものづくり」や、「ものづくり」そのものを組み込んだ体験学習用の教材を開発した事を紹介したものです。

「ものづくり」試作品の技術提供や、「ものづくり」そのものを組み込んだ学習教材の試験的運用は、地元の高校生の参加と協働により行っています。地方の魅力ある学びの場を創生するとともに、地域が活きる「ものづくり」に貢献していきます。

※ PIXE 分析装置
陽子ビームを試料に照射すると試料から X 線が放出されます。この X 線を測定することで微量元素を定量分析することができる装置です。

原子力広報誌『原子力だよりAE』 vol.151 以前は、次のリンクから見ることができます。
https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/energy/g-richi/kouhou.html

>資料請求

資料請求

本学への入学を検討されている方、および本学の入試に関して詳細を知りたい方のために、学校案内・入試資料(無料)をご用意しております。