青森大学生がJR津軽線の「ガニ線カード」制作

  • 2021年2月22日
  • 2021年2月22日
  • NEWS

青森大学は櫛引研究室が中心となり、JR東日本盛岡支社、外ヶ浜町、今別町と「JR津軽線プロジェクト」を進めています。4月に始まる大型観光キャンペーン「東北デスティネーションキャンペーン」に合わせて、学生たちが「ガニ線(津軽線)カード」を作成しました。3月6日(土)から青森駅で行われる「エキナカアート」展示に合わせて配布がスタートします。

「ガニ線」は、沿線の人々が親しみを込めて津軽線を呼ぶ愛称です。「ガニ線カード」は青森大学生が発案し、JR東日本、外ヶ浜町、今別町と協力して作成しました。全部で8種類あり、津軽線を支える乗務員等4人と両町の代表各1人、そしてカードを作った相坂匠飛君、小山内貴之君(ともに社会学部)が登場して、津軽線への思いを語っています。

カードは各250枚、計2,000枚を青森駅東口改札(※)で配布します。配布期間は3月6日(土)から3月31日(水)まで。ただし、なくなり次第、終了となります。JR東日本はこのほか、津軽線のキャラクター「津軽蟹夫」ファミリーが登場するPRポスターを、東北エリアに掲出します。

クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
クリックで拡大表示

※3月27日(土)以降は青森駅新駅舎改札にて配布します。

★詳しい情報はJR東日本のニュースリリースをご覧下さい。
津軽線の魅力発信! 新作「津軽づくし弁当」の販売開始とガニ線カードを配布します!(2021年2月15日)
https://www.jreast.co.jp/press/2020/morioka/20210215_mr14.pdf

★JR津軽線プロジェクトのホームページ(青森大学の特集ページ)
https://www.aomori-u.ac.jp/jr-tsugarusen-project/

>資料請求

資料請求

本学への入学を検討されている方、および本学の入試に関して詳細を知りたい方のために、学校案内・入試資料(無料)をご用意しております。