青森大学×SDGs 「絵本の読み聞かせによって取り組むSDGs」

絵本の読み聞かせによって取り組むSDGs

 青森大学読み聞かせサークルは、市内の高校生の読み聞かせグループと連携して、保育園や放課後児童クラブなどを訪問して絵本の読み聞かせをすることを基本として、次のような活動を展開している。

  1. 訪問先の施設の要請に応じて、「環境保護」、「水資源の保護」、「もったいない」などをテーマとした絵本を読む。
  2. より多くの高校生が読み聞かせ活動に参画することを目的として、青森市内及びむつ下北地区において、「高校生のための読み聞かせボランティア講座」を開催するとともに、講座を受講した高校生の実践活動をコーディネートする。
  3. 共生社会の実現に貢献することを目的として、青森県立青森聾学校と連携し、小学生を対象として手話の大切さ、楽しさを伝えるための「手話紙芝居」を作成し、放課後児童クラブなどを訪問して手話を交えて披露する。


4.質の高い教育をみんなに
10.人や国の不平等をなくそう
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう

社会学部 教授
秋田敏博
研究領域
1.子どもの読書活動の推進
2.キャリア教育
3.英語教育
担当科目
・社会学部
生涯学習論、社会学基礎演習Ⅰ・Ⅱ
・全学部・基礎スタンダード
英語ⅠA・ⅠB、英語ⅡA・ⅡB、特別活動の指導法、地域貢献演習

 

>資料請求

資料請求

本学への入学を検討されている方、および本学の入試に関して詳細を知りたい方のために、学校案内・入試資料(無料)をご用意しております。