青森大学学長崎谷康文ブログ「学長のまなざし」
在学生インタピュー
卒業生インタピュー
経営学部 社会学部 ソフトウェア情報学部 薬学部

最新情報

[2014年09月16日(火)]

青森大学の在学生の活躍を紹介する「在学生インタビュー〜キャンパスライフノート」の第7回を公開します。

今回は、青森大学の学部間連携プロジェクトや学外のIT系のイベントで活躍されているソフトウェア情報学部2年の澤田洋二さんです。

[2014年09月13日(土)]

第4回青森大学オープンキャンパスが無事に終了しました。ご来場いただき誠にありがとうございました。

今回のオープンキャンパスは、今シーズン始めてとなる各学部、個別の模擬授業と青森大学食堂体験。そして、青森大学のオープンキャンパスではお馴染みの保護者向けなんでも相談会を実施しました。いよいよ次回は10月11日(土)12日(日)大学祭と同時開催です。オリジナルイベントを多数準備しています!ぜひご来場下さい。

DSC_1732.jpg

▶全文を読む: 青森大学オープンキャンパスが終了しました。

[2014年09月10日(水)]

8月24日(日)、北海道千歳市の千歳市民文化センターで開催された講演会「千歳(わがまち)に世界遺産を!~聴く・観るキウス周堤墓群~」において、縄文遺跡群世界遺産登録推進本部参与でもある、本学の崎谷康文学長が、世界遺産への登録の仕組みなどについて講演を行いました。

chitose.jpg

▶全文を読む: 崎谷学長が講演を行いました

[2014年09月10日(水)]

学校法人青森山田学園は、深刻な薬剤師不足を解消し、地域医療の充実と健康長寿社会の構築を目指し、青森県唯一の薬剤師養成機関である青森大学薬学部を対象とし、平成27年度の薬学部入学生(1年生)から適用する「薬学部特別奨学制度」を創設しました。

薬学部特別奨学制度01.jpg薬学部特別奨学制度02.jpg

[2014年09月09日(火)]

「お久しぶりです!~卒業生に会ってきました~」(卒業生インタビュー)の第9回目を掲載しました。

今回は、社会学部 社会学科 社会福祉コースの卒業生にインタビューしてきました。

こちらからご覧ください。

[2014年09月06日(土)]

 青森大学の有志学生グループ「ハッピー・フィールド」(代表・高橋叡=社会学部3年)が8月下旬から9月下旬にかけて、包括的連携協定を結んでいる平内町の魅力を探求しようと、町や青い森鉄道の協力を得て、現地調査を行いました。10月までに調査結果と提言をまとめたリポートを作成するほか、9月中に町のCM動画を作る予定です。

hiranai.jpg

【野辺地町との境にある、津軽藩と南部藩の藩境塚で動画を撮影するメンバーら】

▶全文を読む: 青森大学生グループが平内町を調査

Topics

[2014年03月28日(金)]

青森大学の入試に関する詳しい情報は、入試情報をご覧ください。
入試資料請求は、「入試資料請求」からどうぞ。
特待・奨学制度に関する詳しい情報は、特待・奨学制度をご覧ください。

青森大学紹介ムービー

オープンカレッジ情報

[2014年09月03日(水)]

みちのく散歩みち第5講が9月2日行われました。今回は「十三安藤(安東)氏の遺跡を訪ねて」をテーマに中泊町・五所川原市を訪ねました。この日は25人が参加し、自民党総裁で総理大臣の安倍晋三氏とも先祖ゆかりの地・旧市浦の福島城址や十三湊、同資料館などを見学、参加者は中世のロマンに浸っていました。安倍、安藤、安東としてその時代の氏を持ち、水軍としてこの地を支配。中国・韓国・東南アジアとも交易をしていました。安倍総理の先祖は奥州安倍氏の係累で、前九年の役で津軽に逃れて来ています。それとは別に、その一族が他方に散らばり生き延びて、源平合戦で水軍として活躍するも敗れて、四国や九州、山口県に流されています。山口県は安倍氏の出身地になっています。(伊藤)

 CIMG1350.JPG

 CIMG1353.JPG

[2014年09月02日(火)]

市民大学講座 第11

829() アウガ5階研修室

演題は「津軽為信と黒石藩の歴史」。講師は、黒石津軽家第15代当主、黒石神社宮司;津軽承公(つがる つぐひろ)氏。弘前津軽家と黒石津軽家の系譜にもとづき、戦国時代から江戸、明治までの変遷を語った。所蔵する正装用衣装や貴重な写真資料を紹介された。武士社会の婚姻慣習から、史実として中央と地方の関係性、そして歴史の栄枯衰退の中に脈々とした子孫繁栄の営みが現代に引き継がれている思いがした。 (内海)

 

CIMG1336.JPGCIMG1334.JPG

[2014年08月27日(水)]

市民大学講座  第10講

8月22日(金) 集いのスペース622

演題は、「青森県の歴史の中の謎~つがる史の虚と実~」講師は、青森山田学園  盛田 稔 学園長。南部藩から津軽藩の変遷、豊臣秀吉と南部右京亮(津軽左京亮)との書簡資料をもとに、通説の虚と現実との不可思議を一時間にわたり解説された。 (内海)

CIMG1331.JPGCIMG1328.JPG