総合経営学部

総合経営学部

総合経営学部

複眼的な思考と実践的コミュニケーション能力を身につけて、
グローバル社会をたくましく生き抜くビジネスパーソンを育てます。

学びの特徴

 総合経営学部では、現代社会においてリーダーシップを発揮できる人材、現代社会の要請に応じた幅広い視野をもった人材、論理的思考やコンテクスト思考を有し、様々な角度から問題解決を図ることができる人材の育成に取り組んでおり、そのために必要となる多彩な科目を用意しています。
特に、税理士等の簿記会計学関係のプロフェッショナルを育成するための資格関係科目が充実しているほか、情報セキュリティを含めたITの向上が図れる国家試験である『ITパスポート試験』とさらにワンステップ上の就職に強い『基本情報技術者試験』の合格を目標とする情報系の対策科目を設けています。
さらに、スポーツビジネスや将来のスポーツ指導者、体育教師を目指している学生にも配慮した保健体育の教員免許や(財)日本体育協会公認スポーツリーダー認定が試験免除で取得できるなど、スポーツマネジメントにも注力したユニークな科目構成となっており、卒業生からはプロスポーツ選手や体育教諭、パフォーマーなど多数輩出しています。

学部長メッセージ

 情報通信や物流・交通の技術革新と、他方における、中国や東アジア諸国の外資導入、市場メカニズムを活用した経済成長戦略は多国籍企業の国際分業を深化・拡大させ、経済のグローバル化と大競争の時代を出現させました。都市も地方も、日本社会は大きく変容しています。

 こうした時代の変化に対応して、経営学部は平成29年度に総合経営学部に改組しましたが、その目的は、学生諸君が、現代社会の変化を理解し、主体的に生きる力を獲得してもらうことにあります。

 現代社会において中心的役割を担う企業の経営と管理を学び、仕事の意味を理解し、主体的に活躍できる人、企業の中で企業自体を革新できる人や新たに企業を創る人を育てたい。

 財務や会計の実践的な教育によって、企業活動を数字で理解できる人材を育てたい。

 スポーツで活躍し、将来もそれに係わる仕事をしたい諸君にはスポーツを経営・ビジネスの観点から学んでもらい、スポーツ指導者、保健体育教員の資格取得も支援したい。

 教室の外での学生諸君の活動、地域貢献活動を積極的に支援したい。

 以上を通じて、企業社会を認識し、深く考え、行動し、自らの環境を変える人材を育成したい。これが私たちの目標です。

 

                                      総合経営学部長 赤坂 道俊

 

 

総合経営学部TOPICS