特待制度

2022年度本学への進学を検討している皆様を対象に、それぞれの制度や条件、手順などを詳しく紹介します。

各種制度について

本学は、各種の特待制度を有しております。
これまでの学生のさまざまな能力に配慮して、学業特待制度、スポーツ・文芸特待制度などの特待制度・奨学制度があり、将来の夢に向けて勉学や部活動・サークル活動に励んでいます。
また、2020年4月から、文部科学省による
高等教育の修学支援新制度が開始となりました。

※ 既卒・社会人の方は入試課までご連絡ください。
※高等教育の修学支援新制度の対象となった方は、本学の特待・奨学制度は適用外となります。


各種特待制度・奨学制度

薬学部特別学業特待制度

学校法人青森山田学園は、深刻な薬剤師不足を解消し、地域医療の充実と健康長寿社会の実現を図るため、青森県唯一の薬剤師養成機関である青森大学薬学部を対象とし、平成27年度の入学生(1年生)から適用する薬学部特別学業特待制度(旧薬学部特別奨学制度)を創設しました。

薬学部特別学業特待制度についてはコチラ

学力入試学業特待制度

入学選者抜の成績優秀者に対し、授業料の免除又は減免をします。
総合経営学部・社会学部・ソフトウェア情報学部が対象です。

a.授業料免除【総合経営学部・社会学部】
授業料:0円(減免額:642,000円)
【ソフトウェア情報学部】
授業料:0円(減免額:980,000円)
 大学入学共通テスト利用選抜(前期、中期、後期※)で得点が概ね80%以上の上位若干名
b.授業料半額免除【総合経営学部・社会学部】
授業料:321,000円(減免額:321,000円)
【ソフトウェア情報学部】
授業料:490,000円(減免額:490,000円)
大学入学共通テスト利用選抜(前期、中期、後期※)及び一般選抜(第Ⅰ期日程、第Ⅱ期日程、第Ⅲ期日程※)の成績上位者の若干名

※大学入学共通テスト利用選抜後期日程、一般選抜第Ⅲ期日程は、採択状況によっては実施しない場合があります。ホームページにてお知らせしますので、出願前にご確認ください。

選考方法

  • 大学入学共通テスト利用選抜、一般選抜は、受験者全員を対象として選考しますので学力入試学業特待制度申請書の提出は不要です。
  • 学校推薦型選抜又は総合型選抜(第Ⅰ期~第Ⅳ期日程)志願者で学力入試学業特待制度を希望する方は、出願書類に学力入試学業特待制度申請書を同封し、大学入学共通テスト利用選抜前期日程又は一般選抜第Ⅰ期日程を受験してください。
    ただし、大学入学共通テスト利用選抜については受験料の納入が必要ですが、一般選抜第Ⅰ期日程については受験料の納入は必要ありません。

その他

  • 本制度の適用が認められた合格者で所定の入学手続を終えていない場合は、その権利を放棄したものとみなします。
  • 入学後、毎年継続審査があります。一定の水準の成績を修めることができなかった場合、出席状況の悪い場合、学生の本分に反する行為をした場合にはこの権利を失います。

資格特待制度(学校推薦型選抜・総合型選抜第Ⅰ期~第Ⅳ期日程・社会人特別選抜第Ⅰ期日程)

積極的に資格取得に取り組み、かつ学業に秀でている方に対し、授業料を減免します。

総合経営学部授業料30%免除
【総合経営学部・社会学部】
授業料:449,400円
(減免額:192,600円)
【ソフトウェア情報学部】
授業料:686,000円
(減免額:294,000円)
  • 2022年3月卒業見込みの方で日本商工会議所簿記検定試験1級又は2級の合格者並びに全国商業高等学校協会簿記実務検定1級の合格者
社会学部
  • 介護福祉士の有資格者
  • 訪問介護員養成研修、介護職員基礎研修、介護職員初任者研修、実務者研修のいずれかを修了した方
 ソフトウェア情報学部
  • 2022年3月卒業見込みの方で基本情報技術者試験の合格者
 3学部共通
  • ビジネス文書実務検定1級の合格者
  • パソコン利用技術検定1級の合格者
  • 情報処理検定ビジネス情報部門1級の合格者
  • 情報技術検定1級の合格者

申請資格

  • 学校推薦型選抜・総合型選抜第Ⅰ期~第Ⅳ期日程・社会人特別選抜第Ⅰ期日程の合格者で、上記資格を取得した方。

申請方法

  • 出願書類に資格特待制度申請書及び当該資格の合格証書のコピー、登録証のコピー、修了証のコピー、履修証明書のコピーのいずれかを同封してください。
  • 当該資格試験の合否が入試時点で判明していない場合は、判明後直ちに合格証書のコピーを提出してください。

その他

  • 本制度の適用が認められた合格者で所定の入学手続を終えていない場合は、その権利を放棄したものとみなします。
  • 入学後、毎年継続審査があります。一定の水準の成績を修めることができなかった場合、出席状況の悪い場合、学生の本分に反する行為をした場合にはこの権利を失います。

スポーツ・文芸特待制度

大学で学ぶ意欲と学力があり、スポーツや文芸に優れている方に対し、そのレベルに応じて授業料、各種納入金などの減免措置を行います。
詳しくは入試課にお問い合せください。

授業料等の納入金の減免全学部対象
  • スポーツや文芸に優れている方
  • 本学での勉学に強い意欲のある方

制度の適用範囲

  • 高等学校在学中に本学に存在する部やサークルと同種の部やサークルに所属していること。
  • 本学が定める強化(重点)部、サークルに所属する意思があること。

選考にあたっての基準

  • 4年間又は6年間、学業とスポーツ、文芸活動の両立が可能である方。
  • 本学の部・サークルの部長、監督などによって選定を受けた方。
  • 高等学校の部・サークルの部長、監督等からの推薦を受けた方。

その他

  • 入学後、毎年継続審査があります。部・サークルを退会した場合、学業とスポーツ・文芸活動の両立ができなくなった場合、学生の本文に反する行為をした場合にはこの権利を失います。

本学独自の特待制度・奨学制度を利用すると各学部の納入金は、以下のようになります。

  • 総合経営学部・社会学部
特待制度年間授業料入学金教育充実費実験実習費委託徴収金初年度納入金2年次以降納入金4年間納入額
制度利用なし642,000200,000300,00054,660
2年次以降
50,000
1,196,660992,0004,172,660
a.授業料全額免除0554,660350,0001,604,660
b.授業料半額免除321,000875,660671,0002,888,660
c.授業料30%免除449,4001,004,060799,4003,402,260

 

  • ソフトウェア情報学部
特待制度年間授業料入学金教育充実費実験実習費委託徴収金初年度納入金2年次以降納入金4年間納入額
制度利用なし980,000200,000200,00030,000
2年次以降
80,000
54,660
2年次以降
50,000
1,464,6601,310,0005,394,660
a.授業料全額免除0484,660330,0001,474,660
b.授業料半額免除490,000974,660820,0003,434,660
c.授業料30%免除686,0001,170,6601,016,0004,218,660

 

  • 薬学部
特待制度年間授業料入学金教育充実費実験実習費委託徴収金初年度納入金2年次以降納入金4年間納入額
制度利用なし1,300,000200,000300,000120,00056,840
2年次以降
50,000
1,976,8401,770,00010,826,840
a.授業料全額免除0676,840470,0003,026,840
b.授業料半額免除650,0001,326,8401,120,0006,926,840
c.授業料30%免除910,0001,5868401,380,0008,486,840
2022 特待制度・奨学制度ガイド
各種特待制度・奨学制度について記載されているガイドです。
文部科学省による高等教育の修学支援新制度についても説明しています。
詳細はコチラをご覧ください。
PDFをダウンロード

>資料請求

資料請求

本学への入学を検討されている方、および本学の入試に関して詳細を知りたい方のために、学校案内・入試資料(無料)をご用意しております。