総合型選抜第Ⅰ期日程願書受付期間 9月15日(火)〜12月25日(金)必着

学長・副学長紹介

地域と共に生き、地域を活かす大学

青森大学は、開学以来「豊かな人間性と基礎学力に裏打ちされた実践的な教育」「学生中心の大学」「地域とともに生きる大学」という基本理念に基づいて大学運営を行い、多くの有能な人材を輩出し、現在では総合経営学部、社会学部、ソフトウェア情報学部、薬学部の文理4学部を擁する総合大学へと発展することができました。しかし、環境が大きくかつ急速に変動するなかで、一層の発展を実現していくために、再度、理念に立ち返り、その精神を活かすために本学は、「青森大学ビジョン2018」を掲げて大きな変革を行っております。青森大学ビジョン2018(AU Vision 2018)は、「グローバリージョン大学」「尖った大学」「利害関係者の満足」という3つの柱から構成されております。

「グローバリージョン」とは、グローバルとリージョンを合わせて創った私の造語で、地域とともに生き、真の地域貢献を行うためには、グローバルな視点から地域を捉え直し、住んでいる地域を相対化できる能力が必要であり、そのためには多様な国の人々と直接交流し、多様性の中で思考することが要請されることを示しております。グローバリージョンのビジョンを実現するために、2018年に、その戦略的拠点となる青森大学東京キャンパスを東京都江戸川区に創設いたしました。また、「尖った大学」とは、本学が位置する青森は中小企業で成り立っている地域であり、県自体も決して豊かとは言えない地域であります。このような地域に生きる小規模な大学が地域とともに生き、地域に貢献していくためには、いろいろなことを中途半端に行うのではなく、真に貢献できる領域に集中し、そのような能力を持った人材を育成していくことが必要であるとの認識を示したものです。そこで、本学は、中小企業、ベンチャー、イノベーションをキーワードとして特定の分野に焦点を合わせ、総合的に教育研究を行っていくことを明らかにしました。2019年に北海道大学の瀬谷司教授を招聘して創設した「青森ねぶた健康研究所」も「尖った大学」を象徴する試みです。本研究所は、免疫に焦点を合わせ免疫の働きを強化することで副作用のないがんや感染症の治療・予防薬を開発することを目的とした創薬研究棟であります。本学には薬学部があり、これまでも多くの卒業生を薬剤師として輩出し、地域医療に貢献してきました。本研究所は、薬学部を突出させるとともに、地域医療を新たな視点から革新し、地域に貢献するための本学のイノベーションであります。このように、本学は、イノベーションやベンチャーの期待に応える教育・研究を行い、地域に貢献していくことを「尖った大学」としてビジョンの一つとして掲げました。このような戦略をとっている大学は、本学以外他にありません。最後の「利害関係者の満足」とは、青森大学に関わっている多様なステークホルダーの価値に配慮し、それを総合的に高めていくことを示しております。これから行う一連の変革は、学生をはじめとし、本学を支援してくれる多様な人々のより高い価値の創造と実現を目指すものであります。この変革を通じて、青森大学は学生がワクワクと学ぶことができる環境を整備し、豊かな人間性と挑戦する心を持ち、より高い実践的能力とリーダーシップを有する人材を育成するとともにグローバル化した世界のなかで地域社会の持続的発展に貢献する役割を果たして参ります。

青森大学学長
金井 一賴

金井一賴 KANAI Kazuyori


学 歴2002 年  5 月 大阪大学博士(経済学)取得
職 歴1981 年  4 月 弘前大学人文学部講師
1984  年  2 月 弘前大学人文学部助教授
1985 年   4 月 滋賀大学経済学部助教授
1989 年 10 月 北海道大学経済学部助教授
1995 年   5 月 北海道大学経済学部教授
2000 年   4 月 北海道大学大学院経済学研究科教授
2001 年   8 月 北海道大学評議員(2003年7月まで)
2004 年   4 月 大阪大学大学院経済学研究科教授
2012 年   4 月 大阪大学名誉教授
2012 年   4 月 大阪商業大学総合経営学部教授

教育研究活動等情報詳細はこちら

副学長

澁谷 泰秀 SHIBUTANI Hirohide


学歴1994 年 University of South Florida, Doctor Program(Doctor of Philosophy 取得)
職歴1985 年 8 月 University of South Florida 非常勤講師(教育測定・評価学:EducationalMeasurement)
1986 年 5 月 フロリダ州ピネラス群教育研究所フェローシップ研究員
1987 年 8 月 University of South Florida 教育研究所(Institute of InstructionalResearch and Practice) 研究員
1990 年 4 月 青森大学社会学部専任講師
1995 年 4 月 青森大学社会学部助教授
2006 年 4 月 青森大学社会学部教授(現在に至る)
2012 年 4 月 青森大学学長補佐

 

教育研究活動等情報詳細はこちら

見城 美枝子 KENJO Mieko


学歴早稲田大学大学院理工学研究科博士課程単位取得
職歴1968 年 4 月 東京放送入社
1973 年 10月 東京放送退社 フリーアナウンサーとなる
1973 年 10 月 海外取材番組『おはよう700』(JNN全国ネット)のキャスターとして海外取材を7年間務める。訪問した国は現在で56カ国。(~1980年9月)
1981 年 1 月 「24時間テレビ-愛は地球を救う-」で総合司会を担当
1987 年 4 月 「愛ラブリビング」(JNN系)住宅の取材・紹介を行う。その功績により建設大臣賞(当時)を受賞(~1993年10月)
1981 年 10 月 本の紹介番組「ザベストセラー」(JNN系)の司会を務める
1982 年 10 月 生活情報番組「素敵なミセスに」(テレビ朝日)司会を務める
以後、現在まで2005年8月~2007 年3月「スーパーモーニング」(テレビ朝日)、2006年9月~「情報ライブミヤネ屋」(読売テレビ)、2007年3月~「ウェークアップ!ぷらす」(読売テレビ)等のコメンテーターを務める。
1995 年 4 月 福岡県春日市ふれあい文化センター館長就任(~1999年3月)
2002 年 12 月 JA全農経営役員就任(~2005 年 7 月 JA全農経営役員退任)
2004 年 7 月 オルト株式会社 取締役就任(~2008 年 6 月)
1996 年 4 月 青森大学社会学部教授就任
2006 年 5 月 株式会社三越 社外取締役就任(~2008 年 4 月)
2008 年 5 月 株式会社三越 顧問就任(~2009 年 4 月)

 

教育研究活動等情報はこちら

 

>資料請求

資料請求

本学への入学を検討されている方、および本学の入試に関して詳細を知りたい方のために、学校案内・入試資料(無料)をご用意しております。