日本語教員養成プログラム


日本語を活かして、国際社会に貢献してみませんか?

Q.日本語教員って?

日本語を母語としない人に日本語を教える教員のことです。
グローバルな視点から日本語を分析し、わかりやすく伝える技術が必要となります。

日本語教員になるには?

主な方法は3つあります。

  1. 大学で養成課程を修了する
  2. 「日本語教育能力検定試験(japanese Language Teaching Competency Test)」に合格する
  3. 420時間の日本語教師養成講座を修了する

本学では①の養成課程を開講します。本プログラムの修了者には「修了証」(法務省告示基準第1号第1項第13号イで求められた日本語教育に関する科目26単位以上を修得したことを証するもの)を授与します。

青森大学日本語教育養成プログラム

青森大学の学生は学部を問わず受講でき、卒業生や社会人の皆さんも青森大学の科目等履修生として受講できます。

本プログラムでは、日本語や日本語教育に関する知識や技術をバランスよく学びます。
日本語を客観的に分析する力や、日本語を実践的に教える力を身につけます。具体的には日本語教育に関する科目を26単位以上(教育実習含む)履修します。
修了には約2年かかります。

出願に必要な書類

青森大学生以外の場合

科目等履修生のお申し込みをしていただきます。

申し込み期間:【前期】2021年3月1日(月)~4月30日(金)

事務局教務課までお申し込みください。
大学を卒業していることが条件となります。(本プログラム履修希望の場合)

  1. 科目等履修生入学願書・受講申込書
  2. 履歴書
  3. 最終学歴の卒業証明書
  4. 現在官公庁又は会社等に勤務している方は所属長の承諾書
  5. 検定料 15,000円
  6. 入学料 15,000円
  7. 授業料 1単位につき 10,000円

受講者が5名に満たない場合、本プログラムを開催しないこともありますのでご了承願います。
青森県国際交流協会の推薦による奨学制度(減額制度)があります。
お問い合わせください。

青森大学生の場合

全学部2年生以上を対象とします。
受講説明会に出席し、受講申込書を提出してください。
対象となる科目を履修し、単位を修得することによって卒業時に修了証を授与いたします。

>資料請求

資料請求

本学への入学を検討されている方、および本学の入試に関して詳細を知りたい方のために、学校案内・入試資料(無料)をご用意しております。