ブランディング研究センター

趣旨・目的

センターは本学の人的・知的資源をブランディングの理念と方策に沿って最大限に生かしながら、民間企業、市民社会・NPO/NGO、大学・研究機関、自治体・政府機関、個人との連携協力を通して、青森県内外の社会経済文化の発展に寄与することを目的とするものである。

センター長あいさつ

周知のように、18歳人口が大幅に減少し、いわゆる“大学全入時代”に突入した現在、日本の大学は、かつて経験したことのない未曽有の危機に見舞われている。大学数過剰という厳しい競争環境下において、定員割れ、赤字経営、募集停止、等々の用語が一人歩きする昨今、かかる事象を回避するには、世間から「選ばれる大学になる」ほかに道はございません。
そのために不可欠なのが、青森大学のブランドを構築し、それを積極的に活用していくことに他なりません。ブランディング研究センターでは、独自のブランドをより強固にしていく活動に専念してまいりたいと考えております。
青森大学を取り巻く数多くのステークホルダー(受験生、保護者、在学生、教職員、卒業生、地元企業、地域社会、地域住民、等々です)に対して、正確にメッセージを発信し、継続的に愛される(選ばれる)大学になるため、広報とも連携し一丸となって「大学の魅力」を発信していく所存でおります。

青森大学ブランディング研究センター長 中村和彦(総合経営学部 教授)

 

活動内容

学内外の調査、ユニバーシティー・アイデンティティー活動の計画

お問合せ先

青森大学
〒030-0943 青森市幸畑2-3-1
TEL 017-738-2001(代表電話から「ブランディング研究センター」を呼び出してください
FAX 017-738-0143

>資料請求

資料請求

本学への入学を検討されている方、および本学の入試に関して詳細を知りたい方のために、学校案内・入試資料(無料)をご用意しております。