ブランディング研究センター

趣旨・目的

センターは本学の人的・知的資源をブランディングの理念と方策に沿って最大限に生かしながら、民間企業、市民社会・NPO/NGO、大学・研究機関、自治体・政府機関、個人との連携協力を通して、青森県内外の社会経済文化の発展に寄与することを目的とするものである。

センター長あいさつ

青森大学は総合経営学部、社会学部、ソフトウェア情報学部、薬学部の4学部を擁する総合大学として、文理にまたがる幅広い分野での教育・研究に取り組んでいます。また基本理念に「地域とともに生きる大学」を掲げ、地域社会との密接な連携を通じながら様々な分野の研究者が様々な分野で数多くの教育・研究のプロジェクトに取り組んでいます。青森大学では2019年に、これらの教育・研究の取り組みをより発展させ、国内外の経済情勢や地域性、社会的ニーズに即して、より効果的に発現させるために、青森大学付属総合研究所のもとに青森大学ブランディング研究センターを設置しました。ブランディング研究センターは本学の人的・知的資源をブランディングの理念と方策に沿って最大限に生かしながら、民間企業、市民社会・NPO/NGO、大学・研究機関、自治体・政府機関、個人との連携協力を通して、青森県内外の社会経済文化の発展に寄与することを目的としています。ブランディング研究センターでは、本学の教育活動の相乗効果を通したブランド力向上の研究や企画、地域社会の様々な利害関係者との折衝、大学の教育改革推進、自己点検評価、独自色を広く伝える広報などの活動を通じて目的の達成を目指します。

青森大学ブランディング研究センター長 角田均(ソフトウェア情報学部)

活動内容

学内外の調査、ユニバーシティー・アイデンティティー活動の計画

お問合せ先

青森大学
〒030-0943 青森市幸畑2-3-1
TEL 017-738-2001(代表電話から「ブランディング研究センター」を呼び出してください
FAX 017-738-0143

>資料請求

資料請求

本学への入学を検討されている方、および本学の入試に関して詳細を知りたい方のために、学校案内・入試資料(無料)をご用意しております。