青森大学基礎スタンダード

青森大学基礎スタンダード

青森大学基礎スタンダードとは

standard_01

青森大学では、平成25年度からカリキュラムに「青森大学基礎スタンダード科目群(以下、基礎スタンダード)」を導入しました。 この科目群は、現代社会で役に立つ「確かな教養」と、その中で活躍できる「実践スキル」の両方を身に付けることができるよう設計されており、学生・教員とも経営学部・社会学部・ソフトウェア情報学部・薬学部すべてが参加するものとなっています。 本学では、21世紀の世界をたくましく生きる人間の形成を目指して、次の「3つの力」を備えた学生を育成していきます。

  • 生涯をかけて学び続ける力
  • 人とつながる力
  • 自分自身を見据え、確かめる力

基礎スタンダードでは、4学部の専門教育やゼミ重視の教育スタイルとともに、すべての学生が主体的に「3つの力」を獲得できるよう、様々な工夫を取り入れています。 平成26年度からは地域とつながり地域に貢献するための新たな科目を加えるなど、さらに基礎スタンダードを発展させていきます。

導入した理由は

どんな特徴があるのか

重点科目「学問のすすめ」

重点科目「人間と文化」「社会と環境」

standard_02