学修成果の評価に関する方針(アセスメントポリシー)

学修成果の評価に関する方針(アセスメントポリシー)

青森大学(以下「本学」という。)は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる「生涯をかけて学び続ける力」、「人とつながる力」、「自分自身を見据え、確かめる力」の3つの力と専門的知識・技能を活用する力の修得状況の評価を、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)の教育評価に示す方法により行う。
また、入学者の選考については、入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)に掲げる考え方に基づき、本学の卒業認定・学位授与の方針及び教育課程編成・実施の方針が示す教育に対し、意欲的に取り組み、主体的・継続的に学修を行う能力を有するかどうかを適正に評価して行う。

1. 学生個人の評価の方法

・「青森大学学修達成度評価ルーブリック」(以下「ルーブリック」という。)は、専門的知識・技能を活用する力とともに「3つの力」の基準を定めており、全科目でこれらの力の達成目標をシラバスに明示し、これらの科目の単位取得状況及びGPAに基づき、「3つの力」及び知識・技能の達成度を測定する。

・本学は、ルーブリックを、卒業認定・学位授与の方針に基づく学位授与の可否の判定の指針として用いる。各学部では、この指針を基にした「卒業研究」「卒業論文」の評価基準を作成し、卒業時の到達度を確認する。

・さらに、基礎スタンダード等の科目における地域に関わる講義・演習及び授業以外での地域に関わる諸活動を記録し、評価に用いる。

・学位授与の可否については、①「卒業研究」「卒業論文」の評価、②卒業要件単位数の充足とGPAによる判定、③社会と関わる諸活動の成果等を踏まえ、総合的に評価を行う。

2. 本学の学位プログラムの評価の方法

・本学の学位プログラムは、卒業・進級判定の実態把握、カリキュラムマップ、科目ナンバリング、GPA、各学部が定めるベンチマーク等の基準、学修行動調査及び「3つの力」の達成度調査等並びに1で述べた学生個人の評価を集約した情報を基にして、総合的に評価し、それを基に改善を行う。

・学生サービスや施設等の学修環境に対する評価を行う。その結果を踏まえて、教育の充実や学生支援の改善に取り組む。

 この方針は、平成29年度入学生より適用する。