ソフトウェア 情報学部

教育の特徴

教育の特徴

徹底した少人数制で個人の能力を伸ばす

edu4-thumb-500x327-1643

徹底した少人数制での指導で、一人ひとりの適正に合わせて能力を伸ばします。得意な分野では先進的な研究に早くから取り組み、苦手な分野はていねいな指導を繰り返し学ぶことにより克服し、個性に合わせた適切な環境で学ぶことができます。

基礎からしっかり学べるカリキュラム

ソフトウェアの世界は常に進化しています。革新的な技術が次々に生み出され、それを扱うエンジニアに求められる能力も常に変化しています。大事なことは、一時の流行にとらわれない、技術の根底にある本質をつかむことです。ソフトウェア情報学部では体系的なカリキュラムで基礎から情報技術を学び、エンジニアとして社会に求められる力を身につけます。

研究プロジェクトに取り組む

大学4年間で専門の情報技術に限らず、職業人・社会人としての様々な能力を獲得しなければなりません。講義や演習だけでなく研究プロジェクトやセミナーを通じて学外の人々と積極的に交流し、社会人としての常識や総合的な力を身につけます。またグループでの研究・開発を通じて、仲間とのチームワークやコミュニケーションの重要性を学びます。

研究プロジェクトの例

 − Webアプリで水環境の調査を支援
 − Webマーケティングで青森の和菓子を世界へ
 − アプリで発達障害の子どもの生活支援
 − センサで計測した生体データをITで分析
 − ITでロボット制御&走行競技《ETロボコン》
 − 青森の街並みを再現《デジタル青森》

ソフトウェア情報学部TOPICS