社会学部

在校生の声

在校生の声

笹森 那香 さん

・社会学部 社会学科 社会学コース 2年生
・青森明の星中学・高校 出身

未知の領域を知る楽しさと社会参画の魅力を、実感

私は、青森大学社会学部に入り、未知の領域を知ることの楽しさ、社会人や地域の方々と同じ目線で社会参画していくことの魅力、を知ることが出来ました。

社会学部の特徴の一つは、座学だけではなく、フィールドワークも積極的に行うこと。
学内の友人や先輩後輩だけでなく、地域住民のさまざまな立場の方と関わりながら、多様な視点から地域社会の在り方を見つめることが出来ます。

また、学部の壁を超えた共通の科目などもあるので、異なる視点から、一つの研究分野に関し意見交換することが可能です。
他学部にも沢山の友人が出来ます。

さらに、「キャリア特別実習Ⅰ・Ⅱ」という科目では、学部も学年も違うさまざまな学生と関わります。そのことにより、まったく違う観点から新しいイベントや企画を立ち上げることが出来、クリエイティブで実践的な力を身に着けることが出来ます。

学内にとどまらず、学外でのイベントやワークショップに参加することもあります。
ふだんの生活では関わることの出来ない、「まちづくり」の中心となっている方や、「まちおこし」のプロと意見を交わすことも出来ます。

多様な活動に参加し、体験を重ねています。

 

森 慎太郎 さん

・社会学部 社会学科 社会学コース 2年生
・青森県立弘前南高校  出身

青森県が抱える問題解決目指し、努力している最中

私は、社会学に興味があり、さらにそれを深く学びたいので、本学に入りました。

社会学は幅広い分野を対象としていますが、少しずつ学んでいくと、とても面白い研究分野であることが分かります。
特に私は、地域社会に興味・関心を持っていて、授業では人口減少問題や地域コミュニティの衰退など、青森県が抱える問題を解決するために日々努力している最中です。

他にも、メディア、環境、教育、家族などのさまざまな分野が学べます。

何と言っても社会学部の魅力は、教員と生徒の距離がとても近くて、気軽に何でも相談出来ることです。
教員とたくさん接することで、学校生活がより一層楽しくなること間違いないでしょう。

私は、将来、市役所職員になることを第一志望としているため、日々の授業はもとより、学外活動にも積極的に参加しています。
自分の将来のために、とてもいい刺激となっています。

 

藤本 樹 さん

・社会学部 社会学科 社会福祉学コース 3年生
・青森県立青森北高校  出身

学生生活に革命を起こしてくれる大学です!

みなさん、こんにちは。

結論から言います。
この大学は「学生生活に革命を起こしてくれる大学」です。

急にそんなこと言われてもよく分からないと思いますので、説明すると・・

青森大学は、学生への応援の力が、他大学とは比べ物にならない。
これは、他の国公立、私大学生の話を聞いた上で言っているので、本当です。
取りあえずいろんな事してみたい! こんな事してみたい!
そんな学生の背中を、押して押して押しまくってくれるわけです。

よく、青森大学はボロいとか、見た目に華やかさがないとか、言われます。
それはその通りです!(笑)
そんなの、通っている自分らが一番よく分かっています。

あなたは大学に何を求めていますか?
学歴? 見た目? ブランド? それとも違う何か?

私が大学に求めているのは
「どれだけ笑って、やりたい事をやって、楽しく過ごせるか」です。

とにかく楽しくてたまらないような大学生活を送りたい「そこの君」、
ぜひ青森大学社会学部へ。

 

 

 

社会学部TOPICS