薬学部

取得できる資格

取得できる資格

薬学部を卒業すると、学士(薬学)の学位が与えられ、薬剤師国家試験の受験資格を得ることができます。
そして、薬剤師国家試験に合格することで薬剤師の資格が得られます。

尚、(公務員)と書いてある場合は、公務員試験に合格する必要があります。

薬剤師でなければできない業務

・調剤業務
・薬局の管理者(一般医薬品販売業の管理者)
・学校薬剤師
・保険薬剤師
・専門薬剤師
・認定薬剤師
・かかりつけ薬剤師
・スポーツファーマシスト
・医薬品製造販売業(輸入販売業)の管理者
・医薬品製造販売業の総括製造販売責任者

薬剤師であれば取得できる資格(業務)

・第1種衛生管理者
・船舶衛生管理者
・毒物劇物取扱責任者
・麻薬管理者
・向精神薬取扱責任者
・放射線取扱主任者
・特別管理産業廃棄物責任者
・医薬部外品、化粧品、又は医療機器の製造(輸入販売)所の製造責任技術者
・配置薬販売業者

・麻薬取締官(公務員)
・薬事監視員(公務員)
・検疫委員(公務員)
・家庭用品衛生監視員(公務員)

薬剤師であれば取得に特別の考慮が払われる資格(業務)

・医薬情報担当者(MR)(有試験)
・労働衛生コンサルタント(有試験)
・介護支援専門員(ケアマネージャー)(有試験)

・作業環境測定士(第1種及び第2種)(無試験)
・公害防止管理者(無試験)

薬学部既卒であれば取得に特別の考慮が払われる資格

・登録販売者(有試験)
・環境計量士(有試験)
・甲種危険物取扱者(有試験)
・食品衛生監視員(有試験)
・弁理士(有試験)
・臨床検査技師(有試験)

・建築物環境衛生管理技術者(ビル管理技術者)(無試験)
・水道技術管理者(無試験)
・特別管理産業廃棄物責任者(無試験)
・廃棄物処理施設技術管理者(無試験)

薬学部既卒であれば取得可能な資格(業務)

・食品衛生管理者
・環境衛生監視員(公務員)
・環境衛生指導員(公務員)

薬学部TOPICS