薬学部

薬学部

薬学部

充実したカリキュラムと学生の個性に応じた指導で
地域社会で活躍できる薬剤師への道筋をしっかりとサポートします。

学びの特徴

img01平成27年より始まる新しいカリキュラムでは、1年次に高校で履修しなかった理系科目を理解できるよう徹底した基礎教育を実施。必要に応じて補習講義(フォローアップ教育)を行っています。また、実験を従来より早期に開始し、生物や化学に興味を持つよう工夫しました。高学年では、健康寿命を高めるための生活方法や医療の体制について地域とともに学んでいきます。さらに、すべての学生に1年次から担任の教員が割り振られ、担任は卒業まで勉強や生活などについての助言や指導を行います。平成16年に開設された本学部では、卒業生のうち89%が薬剤師国家試験に合格して薬剤師となり、 地域医療の担い手として活躍しています。

学部長メッセージ

 青森大学・薬学部は、八甲田連峰の裾野に位置し、緑豊かなキャンパスです。薬学部は開設以来、数百名の薬剤師を輩出し、青森県の人口当たりの全国最低薬剤師数を解消させるなど薬剤師不足の問題解決に一定の役割を果たしてきました。しかしながら、北東北および北海道道南地区の薬剤師不足はまだまだ深刻な状態です。青森大学は、「地域とともに生きる大学」を学則に掲げ、日々、地域で活躍できる人材の育成に努めています。薬学部においても、地域社会で活躍できる薬剤師養成に力をいれ、薬局、病院および行政とも密接に連携しながら学生の教育にあたっているところです。その一つの取り組みとして、2017年春、新青森駅前に開設された新都市病院内に青森大学脳と健康科学研究センターの設置して薬学部の教育の場として利用していく予定です。地域においても最新医療に触れながら、真の実力を持った薬剤師の養成に努めてまいります。

 

薬学部長 三浦 裕也

薬学部TOPICS