総合経営学部

経営学科の 特徴

経営学科の 特徴

総合経営学部では、現代社会においてリーダーシップを発揮できる人材、現代社会の要請に応じた幅広い視野をもった人材、論理的思考やコンテクスト思考を有し、様々な角度から問題解決を図ることができる人材の育成に取り組んでおり、そのために必要となる多彩な科目を用意しています。

feature_01

総合経営学部でキャリア開発に取り組もう

キャリア開発とは、ビジネス、行政の第一線で活躍できる能力を開発することです。総合経営学部では、経営戦略、マーケティング、会社法、民法、経営分析、スポーツビジネス、経営情報システム等、ビジネスや行政の現場にて要求される最先端、かつ実践的な専門科目を豊富に取り揃え、学生のキャリア開発をサポートしています。経営学をアカデミックな視点、または実践的な視点のいずれかに偏重させるのではなく、両者をバランス良く取り込んだカリキュラム体系を用意しています。

1・2年で徹底したキャリア開発、就職活動の基礎教育

大学の4年間は、あっという間に過ぎ去ります。3年生の後半より開始される就職活動をタイミングよくスタートさせるため、経営学部では、1年に「キャリア開発の基本」「職業と人生」、2年に「数的処理(SPI対策)」「新聞を読む(作文を含む)」等の準備科目を設けています。特に、社会人となるために最低限必要となる知識として「読む・書く・表現する」等のコミュニケーション能力の向上に力を注ぐため、1・2年のゼミを通じて徹底的なトレーニングが行われます。

個人指導を追究する担任制ゼミナール

総合経営学部では、1年から4年まで少人数の担任制ゼミナールを設けています。1年から2年にかけての基礎ゼミは、勉強への取り組み姿勢、集団行動で求められる協調性や責任感を身につけることを目的として開講されます。さらに物事を考える能力、調べる能力、まとめる能力の習得を一人ひとりの個性、興味に合わせながら、細かく指導します。3年から4年にかけての専門ゼミは、学生が総合経営学部の専門コース科目、専門選択科目を履修する中で興味をもったテーマを研究や卒業論文へ繋げてもらうことを目的として開講されます。専門ゼミでは、就職指導はもちろんのこと、卒業後の進路指導を総合的にサポートできる体制が用意されています。

徹底したIT教育

文書処理、表計算、プレゼンテーション、データベース、画像処理やウェブ作成のスキルを習得することに加え、ビジネスや行政の現場で要求される情報処理能力を実践感覚で身につけてもらうため、経営学部では「コンピュータ会計」などの専門選択科目の設置をはじめとして、基礎・専門ゼミナールを通じての積極的なICT利用機会の提供を目指しています。学生は大学4年間を通じて、統計データ分析の基礎、決算書の仕組みやデータマイニング、レポートや小論文の書き方、プレゼンテーション技法などを体得できます。

教員とコミュニケーションを図るオフィスアワー制度

総合経営学部では、各教員が週に3コマ以上「オフィスアワー」を設定し、その時間は学生と確実に面談できるようにしています。大学生活や履修に関する相談、講義の質問、就職相談や進学相談など、経営学部教員が一丸となって学生をサポートしていきます。

総合経営学部TOPICS