総合経営学部

コース紹介

コース紹介

最新の経営学を通して『リーダーの資質』を身につける

企業経営では、ヒト・モノ・カネ・情報の経営資源を操り、社会経済、環境問題、世界情勢など、様々な環境変化に対処するための問題解決能力が求められます。総合経営学部では、経営学の特性を十分に活かすため、経済学、商学などの隣接する学問分野も加味した学習体系を提供することで、企業人として必須な基本的能力の育成を行っております。常に学生の皆さんが、最新の経営学、経済学を吸収する機会を得られるように、3つのコースを開設しています。現代社会のキーワードに広く、深い興味と関心をもってもらいながら、将来の進路選択に経営学を活かしてもらえるよう、3つのコースから1つのコースを選択して頂きます。必要に応じて、他のコースの配置科目を履修することも可能であり、他のコースで取得された単位は、卒業要件単位数としてカウントされます。

事業マネージメント・会計コース

course2

企業経営ではドメイン(柱となる収益事業)を見据えた事業展開が必要となります。多様化する企業活動により、企業が関わるステークホルダー(利害関係者)との関係から、事業展開のあり方や企業形態の方向性を見出すため、経営戦略、経営管理、経営組織、企業形態の理解を目指します。これに加え、事業を支える現場にも注目し、その仕組みを理解するため、マーケティングや流通、生産管理、労務管理に関する知識の体系的な学習も目指しています。会計分野も事業マネジメントには不可欠な知識です。企業における財務状況の変化や経営成績を把握するための財務・会計情報の理解は、企業人にとっては必須のスキルとされています。本コースでは、財務諸表の読み方、作り方を基礎からゆっくり、丁寧に学べる体系を用意しています。また職業会計人を目指す学生に対しては、実践的な会計処理能力を養成するための講義も用意されています。

・マーケティング論
・経営戦略論
・経営統計学
・現代企業論
・ベンチャー経営論

経営情報システムコース

course3

今日の企業経営において、情報は必要不可欠な経営資源に位置づけられます。ICT(情報通信技術)を正しく理解し、有効的に活用できる人材の供給が急務とされています。インターネット元年から数え、15年以上が経過した現在、ICTの浸透力だけを誇張し、語る時代は終わり、情報技術と組織の相互関係から企業経営を捉える視点、ユビキタス社会を先取りする取り組みやビジネス・モデル構築のための視点が求められてきています。本コースでは、パソコン操作やソフトウェアの理解に留まらず、産業の情報化にともなう利用基盤の高度化に、柔軟な対応が図れる企業人の育成を目指します。また情報産業の一線でも活躍できる人材を育成するため、ITパスポート試験や基本情報技術者試験等の国家資格試験準備のための講義も用意されています。

・経営情報論
・システム開発論
・プログラミング
・情報活用論
・基本情報処理I~II

スポーツビジネスコース

course4

スポーツを経営・ビジネスの観点から学ぶコースです。具体的には、スポーツに関する法律、スポーツ施設の運営(指定管理者制度)、公認スポーツ指導者の資格・育成(テニス・水泳指導員専門科目免除コース)、スポーツクラブの育成・運営、アマチュア/プロのスポーツのプロモーション関係、スポーツメディア(新聞、テレビ、ラジオ、インターネット、映画)の役割、スポーツイベントの運営企画、効率的なトレーニング方法(呼吸法・脱力法)などです。また、体育教員をめざす人のために、保健体育の教員免許(高等学校教諭1種、中学校教諭1種)取得に必要な講義科目が用意されています。さらに、スポーツ初心者に対して実践的な基本指導ができる(財)日本体育協会公認スポーツリーダーの資格(共通科目Ⅰ+Ⅱ免除コース)に必要な科目も用意されています。

・スポーツ経営学
・スポーツマネジメント論
・スポーツ指導論
・スポーツメディア論
・スポーツ政策論

経営学部TOPICS