青森県ヘアアーチスト専門学校 青森山田学園自動車専攻科 青森山田高等学校 青森山田高等学校広域通信制課程 青森山田中学校 呉竹幼稚園 蛍が丘幼稚園 北園幼稚園

学生活動支援制度─あおりんプロジェクト─ 29年度版

学生活動支援制度─あおりんプロジェクト─ 29年度版

【制度の概要】

この制度は、学生による主体的な学びや活動を推奨し、より効果的な内容としての高まりを期待するための支援を目的とし、本学学生個人や部・サークル等団体を対象に、自ら企画し、主体的に取り組む活動や事業を支援するために助成する制度です。
制度の名称は「青森大学学生活動支援制度−あおりんプロジェクト−」とし、学内において公募した上で事業内容を選考し、その活動の支援・助成をします。
地域社会に貢献する「地域とともに生きる大学」、そして、すべての学生が主体的な能力を引き出し、学び続ける力、つながる力、確かめる力という3つの力を身に付け、「未来を拓く実践力」を社会で発揮していける「学生中心の大学」となることを目指す本学の教育研究目標を達成するために、学部学科を超えた主体的なプロジェクトが多数応募されることを期待します。
選考されたプロジェクトは、「認定プロジェクト」とし、教員や職員の助言を求めながらプロジェクトを達成し、その経験を基に学生生活を充実したものにすることを目的とします。

【助成額】

〇一個人によるプロジェクト:上限5万円程度(7件)
〇部・サークル等団体によるプロジェクト:上限10万円程度(7件)

応募は1人又は1団体1件までとし、選考する。なお、選考されたプロジェクトへの助成額は応募書類(企画申請書/必要経費)によるものとし、助成額の上限を超える場合は応募者・応募団体の負担とする。助成額の総額は100万円を超えないものとする。

【選考方法】

以下の選考基準を基に、提出された応募書類を審査、並びに選考委員へのプレゼンテーションにより、学生としての勉学意欲の向上等が期待できる優れたプロジェクトを選考する。

≪選考基準≫

〇企画の独創性
〇他の学生からの関心度や大学・地域への貢献度
〇計画の実行可能性と達成目標
〇プロジェクト内容・趣旨と予算との整合性

≪選考審査員≫

〇地域貢献センターに所属する教職員
〇学習支援センターに所属する教職員
〇計画書の内容に応じて専門知識を有する教職員

【応募方法】

制度に応募しようとする学生は、定められた期日までに応募書類一式を提出する。
応募書類はこちらから→あおりんプロジェクト申請書

≪応募資格≫

本学学生又は本学学生が中心となった団体で、指導・支援する教員が決まっていること。
(部・サークル・ゼミを基盤とした学生団体での応募も可)

≪応募内容≫

1.教育・研究部門:学習成果を上げるための創意工夫、専門性に基づくもの、または専門にとらわれない独創的な研究に関するもの
2.地域貢献部門:地域への貢献や地域との交流を目的としたもの
3.キャンパス部門:学生間あるいは教職員との交流の企画と実施
4.イメージアップ部門:大学関連グッズの開発等、大学ブランド力アップに貢献し、本事業の企画・趣旨に合致すると思われるもの
5.その他部門:㈰〜㈬の部門には当てはまらないが、本制度の趣旨にあったもの

※ただし、起業及び授業・卒業研究等の一環として行われるもの、また、既に大学・その他からの金銭的支援を受けているものを除く。

【実施日程】

〇あおりんプロジェクト 説明会(2回程度実施する)

第1回:平成29年5月11日(木)16:30〜 (場所:5105予定)
第2回:平成29年5月12日(金)16:30〜 (場所:5105予定)

〇申請応募受付期間

平成29年5月15日(月)〜5月26日(金)17時まで

〇プレゼンテーション

平成29年6月2日(金) 時間と場所は追って連絡します   ※学生・教職員観覧可

〇選考結果発表

平成29年6月中旬

〇実施期間

基本的に年度内で終了するものであるが、継続審査会を経て、年度をまたいで継続して活動できる場合もある。

〇実施報告

採択されたプロジェクトは、経過報告書の提出、中間報告会(大学祭)及び、成果報告会(2月、3月を予定)への参加が義務付けられるとともに、活動内容、活動結果を大学HPで公開する。

【応募・問合せ】

制度・応募に関する問い合わせ、相談は教務・学生課、地域貢献センター、学習支援センターまで