後期授業開始は9月13日(金)からです
証明書受付は8/21(水)から、発行は8/23(金)から行います。

「海岸漂着物の収集調査フィールドワーク」を平内町夏泊半島久慈の浜で実施しました。

2019年6月15日(土)に今年度前期環境社会学の一環として「海岸漂着物の収集調査フィールドワーク」を平内町夏泊半島久慈の浜(浅虫夏泊県立自然公園)で実施しました。

環境社会学を履修する青森大学生35名をはじめ、平内町役場、平内町漁協、平内町商工会青年部、青南商事、明の星短期大学、ひらないカレッジ参加者、子どもたちを含めて約80名が参加し、南北約100mの浜辺に散乱し放置されていた廃棄物の収集、記録、分類、計測、運搬作業をし、漁具関連だけでも約300kgのごみを集めました。

一時的に小雨になったものの、最後の振り返りと記念撮影までケガもなく無事終了しました。
今後は、班別に集めた種類別ごみの量とフィールドワークの情景写真を振り返りながら各自のレポート(ポスター)作成に取り組みます。
レポート作成のために、7月10日(水)前期環境社会学に写真家の菅原一剛氏をゲストとして迎えて写真の振り返りワークショップを行いました。平内町関係者もオブザーバーで出席しました。

]

各学生が写真を撮った時の気持ち振り返り、ゴミ問題と個人のつながりについて菅原氏のコメントを踏まえながら学びました。
今回の一連の取り組みが学生たちの意識と行動の変容だけでなく、地域社会の意識変容にもつながることを願っています。

>資料請求

資料請求

本学への入学を検討されている方、および本学の入試に関して詳細を知りたい方のために、学校案内・入試資料(無料)をご用意しております。